日常生活に必要なお金!持っている状態のときも注意点がある?

人生はお金だけではないとよく言われていますが、生活するためにはやはり必要になってきますよね。

お金をたくさん持っている人もいればあまり持っていない人もいるため現在の日本は本当に格差社会。

ここではお金について解説していきますので参考にしてみて下さい。

お金を稼ぐ本質は?

会社に勤めて働いていると給料をもらえますのでお金を稼ぐことができます。

最近では成果主義を取り入れている会社が多いためお金を稼ぐことは自分がどのぐらいの価値があるのかを判断する目安にもなるわけです。

会社では組織で働きますのでみんなの信頼を得るための行為とも言えるのではないでしょうか。

お金の必要性は?

日本では必要最低限のお金を持っておけば大丈夫なのでお金持ちになる必要はありません。

しかし商品の購入やサービスの利用など日常生活の中で必要なことに対してお金がかかりますよね。

そのためまったくお金を持っていない状態だと生活するのが難しくなります。

また商品やサービスによって質が違いますので金額で格差をつける必要もあるのです。

お金によってどのような部分が変わる?

お金は人を変える恐ろしい一面を持っていると言われていますが、実際にどのような部分が変わるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

お金によって変えられてしまう部分をいくつか挙げていきます。

生活の質

お金によって生活の質が変わってしまう人も多いのではないでしょうか。

お金をあまり持っていない状態であれば最低限の生活を送りますが、持っている状態になると贅沢をしてしまうでしょう。

高級ブランド、高級車などを購入して派手な生活に変貌することも少なくありません。

性格

お金をあまり持っていないときは謙虚な姿勢で振る舞う人も多いのではないでしょうか。

しかしお金を稼ぐことは自分の価値の判断の目安にもなるため持っている状態になると偉いと思い込んでしまうことも少なくありません。

そのため上から目線で傲慢な態度を取るような性格に変貌することもよくあります。

お金にも働いてもらうのが上手な付き合い方

バブル景気の頃は定期預金の金利が6%程度でしたので貯金をしておくだけでお金が増える時代でありました。

しかし定期預金の金利も現在では0.01%程度。

貯金していてもお金が増えないのでもはや意味がなくなっていますね。

このように銀行に貯金してお金を眠らせておくのは下手な付き合い方を言えるでしょう。

最近ではつみたてNISAなど非課税の運用方法ができていますので積立投資で増やすことが可能。

自分だけでなくお金にも働いてもらうのが上手な付き合い方と言えるのではないでしょうか。

お金を持つメリットは?

  • 生活に困らない
  • 高級な買い物ができる
  • 異性からモテる
  • 株などの大きな投資ができる
  • 失業したときもすぐに対応可能

お金を持つデメリットは?

  • 金銭感覚が麻痺する
  • 人間性が下がる
  • 貧困の人の気持ちが分からなくなる

お金を持つとメリットになる点の方が多いですが、デメリットになる点もありますので注意しなければいけません。

生活の中でデメリットになる点をすべて丸出しにしていると多くの人が不快になって距離を置いていくようになるでしょう。

気づいたら自分一人ってことも多いのでお金を持ったときは意識するようにしましょう。

まとめ

お金についていろいろな視点から解説していきました。

お金を持っていると確かに安心して生活を送ることができるでしょう。

しかしお金を持っていることで自分にマイナスになってしまうことも少なくありません。

その影響で大きな負債を背負ってしまう人も過去に出ています。

お金を持っている状態のときもいつ転落するか分かりませんので油断しないで謙虚に生活を送ることが大切ではないでしょうか。

※現金が必要ならレッツ現金化